忍者ブログ
♀魔や菓子♂な日常・・・稽古風景等
October / 22 Sun 04:12 ×
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

March / 26 Tue 01:02 ×

桜が咲きました。
寒い日があったりもしますが、春になったのはまちがいございません。
と、いうことは。
………。
ひぃぃぃぃぃ~~~!(←イメージ画:楳●かずお)

ホラー漫画ばりの悲鳴をあげて現実逃避。
なぜだか全身筋肉痛の慶史でございますこんばんは。


土日各12時間稽古が始まって以来
いろいろありすぎて、ネタを拾うのも大変なので
とっとと振り返ってみたいと思います。
ごー。



3月23日(土)


・涼くん持参の着物。センセが着ると…

涼くんがお知り合いから譲り受けた着物が何か使えるかも、と持ってきてくれました。
一枚可愛らしい柄があって、「これいいね~~。」なんて言ってたんですが。

大輝センセが羽織って端折って、「こんな感じで着てさ~…」なんて
話してました。

しかし、その姿がなんか見たことある。
はっ。これは。

「なんかブータンの人みたいだね。」

日本人で。
女性用の着物を女性が羽織って。
多めに端折ったとしても。

なぜ、ブータン王国(男)の人に見えるのか。

謎である。


・泣ける所業

衣装のことです。
以前、使ったものにちょっと手を加えて、
今回の曲に合うようにリメイク中のあやぱん。
しかし、稽古の順番がまわってくると当然そちらが優先。
その間放置になる衣装。
進まない手作業。

見かねたなちが手を出しました。

「見えないところはざっくりでいいよね。」

なんて言いながら、ガンガン進む。
あっという間に終わって、糸を玉止めして。
これを切れば終~了~ってところで。

あやぱんが取り出したのは、リッパー。
糸切りばさみが切れないとかで、手縫いだろうがミシンだろうが
これを使ってるんだとか。

ざく。

っと切った場所は。
玉止めの「上」ではなく、「下」。
つまり、糸が抜けないように結んだのに、
わざわざ抜けてしまう方を切ってしまった。

なんてこと。
恩を仇で返すなんて。

しっかりしてそうに見えて、毎週なんらかしでかすのは
案外あやぱんだったりします。
(そういや昔「白菜半分に切って」って言われて、横半分に切った事があるあやぱん。隣にいたさくらもビックリ。ちなみにメニューは鍋でした。)

ご注意あれ。←なにを。


・空いた時間の使い方

ご存知のとおり、私はお芝居担当なので、ショーの稽古時間は体が空くのです。
今週はごま吉先生の指示のもと、ざくざくと裁断をしておりました。
これで、ミシンが使えたらいいんですがねえ。
私、まっすぐ縫えないのです。
直線縫いが出来ないとかどうなのさ、とも思うのですが
ここは出来ることをやるべき。
というわけで、今回ひたすら裁断をやっております。

ですが、この日の稽古場は少し小さめ。
全員がユニゾンで踊るにもちょっと狭いぐらい。
そんな中で、でっかい布をばさっと広げるのも申し訳なく。
自分が座るスペースもなるべく節約して、奇妙な姿勢でちょきちょきちょき。

これの結果が翌日、思わぬ形で現れました。




3月24日(日)


・運動不足極まれり

なんだか、腹筋(←ないけど)がだるい。
もも裏が微妙に痛い。なんで??
と思いつつ、稽古場へ。

発声をしてなんだかんだと稽古が進んでいる間、相変わらず腹筋が痛い。
なぜ?と思いつつ、ぽつっと言ってみると。
ごま吉が

「そりゃ裁断したからですって。」

まじ?
でも腹筋(←ないけど)だよ?

「あんな姿勢で切ってたらなりますよ。」

……そうですか…。


・突貫工事

ドレスリハーサルまであと2週。
振り付けが怒濤の勢いでついています。
この2週で3曲ぐらいつきました。
みんなの頭もぐらぐらしてますが、それ以上に振付師の頭もぐらぐら。
しかし、時間がないのです。

この日は、前日まで気配すらなかった曲が出来上がりました。

当然全員参加。だってフィナーレだから。

歌って、歩いて、礼をして。
11人が「1・2・3・4……」とカウントしながらお客様にご挨拶。

しかし、これがなかなか難しい。

ここでこの人が出ると、ここが余る。
この人は着替えてるから、ここでは出られない。
ここで出ると、ちょっと足りない。

など、やってみてわかることがどんどん出てくる。

結局、3時間以上立ちっぱなしでお昼ご飯もすっとばして
一曲できあがりました。


お疲れ様でした!!


・11人という人数

今日の稽古場は舞台の実寸が取れそうなサイズ。
そこで、舞台見取り図に合わせて、劇場と同じサイズで
立ち位置を確認することに。

してみたら。

あら。
まあ。
なんてこった。

思ったよりも、狭いかも。
こりゃ補正が必要だね…。


という結論に達し、忘れないようにメモ。
全員の立ち位置が一目でわかるように、立ち位置表も作成。
いない間に進んじゃった人にもわかるように、
書面で残すことになりました。

マイクも誰が持ってて、誰から受け取るのか。
そういう表もこれから作られます。

これまで各自が積み重ねてきたことが、いろいろ案として出てきて
役に立っています。

曲数が多く、出番が多く、人数が少ない。
総力戦のショーは大変だけど、みんなモリモリ稽古しています。


・男役のカタチ

某場面で、男役がつけるアクセサリーの試着会をしました。
衣装を着てみて、実際に似合うのを選ぶのです。

知り合いの元娘役さんに借りたもの、
ごま吉持参、あやぱん持参などで、7人分揃いました。

鏡の前で、これが似合うだの、案外アナタはこっちのが…
なんてやっていました。

そこに凹んだ涼くんが戻ってきて。

「のきなみ似合わない…。」

今回のショーで涼くんは、今までの自分の殻をどんどん破くことを求められています。
ぱりっとしたスーツだけの涼くんではない涼くんを作らねばなりません。

「かっこいい男役」の代名詞と言えば「紳士」なのかもしれません。
しかし、魔や菓子は紳士っぽいものは一切作ってきませんでした。

そういったものよりも、地べたを這いずり回って生きているような
男役ばかりを作ってきたのです。

対極にある涼くんの男役。

しかし今回はそれだけではこなせません。
それでは「コラボレーション」する意味がないのです。
実際、男役といえばこれでしょ!的な場面すら
型破りなものが作られました。

ごまがよく涼くんに言っています。

「大丈夫だって。そうやって思ってんの自分だけだって。
チャレンジチャレンジ。」

いろんな曲があって、曲ごとに雰囲気を変えるのが必須条件のショー。
涼くんには今後の役の幅を増やすためにも、楽しんでチャレンジして欲しい。

がんばれ。


+++++++++++++++

ひとまずの目標だった4月6日のドレスリハーサルが目の前です。
みんなの顔にも疲れがにじみ出ています。

しかし、稽古場の雰囲気は悪くないのです。

疲れていても、寝不足でも、筋肉痛でも。

とにかく稽古場にきて、少しでも進めたい。
平日自宅でできないことや、目的の人物に合わせたものを作るために、
稽古場にはいろんなものが広がっています。

空いたスペースで、自主練をする人も出てきました。
最近は便利なので、自分のスマホで動画を撮って
それを片手に振り確認する人も。

疲れてくるとどうしても、ストレッチすらも煩わしく思えますが、
けがをしないためにも、自分メンテナンスはきっちりしましょう。
若くないんだし(笑)。



これで、日記当番はおしまいかな?
もう一回あるか?どうだ?

考えると恐ろしい事実が判明しそうなのでやめときます。

それでは、また来週。
次の当番の人、お願いします。

さよーならー。

PR
NAME
TITLE
MAIL
URL
VOICE
EMOJI / FONT COLOR
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
ADMIN | WRITE
 
"♀魔や菓子♂" WROTE ALL ARTICLES.
忍者ブログ・[PR]
/ PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.